赤ら顔の治し方!おすすめ化粧品・サプリ教えます♪

赤ら顔におすすめの化粧品・サプリ!

赤ら顔は、毛細血管の拡張で、顔全体、頬、鼻が常に赤くなっている状態。その原因はさまざま。

 

  • 皮膚が薄い
  • 気温による血管の拡張
  • ニキビなどによる炎症
  • アルコールや刺激物の過剰摂取
  • 腸内環境が悪い
  • 更年期が原因

 

過度の洗顔やピーリングにより皮膚自体が薄くなっていることも。ニキビの炎症が続く人、皮脂分泌が多い人は肌が炎症を起こしやすく、色素沈着で赤みが増します。つまり、炎症を抑え肌のターンオーバーを整える化粧品や、腸内環境を整えるサプリが効果的。当サイトではおすすめの、赤ら顔に効果的な化粧品やサプリをご紹介しています。

 

アカラフォーミュラの特徴

アカラフォーミュラは、エステのノウハウを凝縮した赤ら顔対策美容液です。毛細血管のうっ血を抑えるサンザシエキス、抗炎症・鎮静効果のアルニカ花エキス配合。相乗効果で赤ら顔を解決。お肌を整えるコラーゲンとヒアルロン酸をプラス。美容液が空気に触れないエアレス式容器。朝晩、洗顔後すぐに手でつけるだけ。トロッとした美容液が肌によくなじみます。赤ら顔も肌も改善してくれる、リピート率80%の美容液です。トライアルセットあり。

価格 18,000円
評価 評価5
備考 赤ら顔専用美容液

 

白漢しろ彩の特徴

白漢しろ彩は、赤ら顔をケアする専用の和漢化粧水になります。頬・鼻・顎などの赤み、毛細血管が透ける、など赤ら顔が気になる方におすすめの化粧水です。肌の赤みの原因は、毛細血管の広がりにあり、そこに着目したのが白漢しろ彩になります。含有成分の海洋性エキスが赤みの減少をもたらします。無添加にこだわった化粧水だから刺激に弱い肌の方も安心して使えます。今なら当サイトより60日間の返金保証付の購入ができます。

価格 4,480円
評価 評価4.5
備考 赤ら顔専用化粧水

 

OIZ PBジェルの特徴

OIZ PBジェルは、5種の美肌菌が赤ら顔を改善する美容液です。食品発酵のプロが手がけた美肌菌の発酵美容液。乳酸菌、酵母、納豆菌、麹菌、パントエア菌のほか、美容ハーブエキスを配合。肌弾力や活力、保湿や肌バリア機能をUPさせます。これにより肌荒れやアトピーなどによる皮膚の薄さ(ビニール肌)、赤ら顔の悩みを解決。顔だけでなく全身に使えます。肌の赤み、薄さに悩む方におすすめです。

価格 1,899円
評価 評価4
備考 赤ら顔専用美容液

 

赤ら顔の治し方

 

 

肌に赤みが差しているというと一見可愛いようにも思えますが、赤ら顔の悩みを抱えている人にとっては、深刻な問題です。顔全体が腫れ上がったように赤くなってしまう人もいて、化粧品を何も使えないと途方に暮れている人もいるでしょう。そんな悩みが注目され始めて、化粧品メーカー各社が赤ら顔対策の化粧品を開発するようになりました。ここでは、赤ら顔の対策になる化粧品についてお話しましょう。

 

保湿力の重要性

 

赤ら顔の原因として考えられているのは、肌の乾燥です。脂性に見えても実は乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されている肌もあり、そうした影響で敏感肌になっていることもあります。そのため表皮が薄くなってきて、毛細血管が透けて見えてしまうのが赤ら顔。

 

乾燥している肌は外敵にも弱く、シミやしわを増やしてしまう恐れが大です。しかし、もともと皮膚内に備わっている保湿成分は、加齢や生活習慣によって失われてしまいます。そこで重要になってくるのが、保湿成分の補給なのです。

 

肌がいつも潤った状態なら、潤いがバリア成分となって肌を守ってくれます。バリア機能が働いて表皮も薄くなり過ぎず、赤ら顔や敏感肌から脱することができるわけです。

 

低刺激であること

 

肌は非常にデリケートで、洗顔で肌をこすることすら刺激になってしまいます。スキンケアは、最低限のお手入れで済むことが肌を美しく保つ秘訣です。余計な合成成分を肌に浸透させてしまうのも、刺激につながること間違いなし。合成成分無添加で、なるべくお手入れを簡単に済ませられる化粧品が、赤ら顔の解消には役立ちます。

 

赤ら顔の原因はなに?

 

他の人はなっていないのに自分だけ何故?!というのが、赤ら顔の人の辛いところでしょう。体質なのかと、あきらめかけている人もしれません。しかし、赤ら顔の原因は生まれつきの体質ではなく、後天的な要素がほとんどです。ここでは、赤ら顔の原因についてお話しましょう。

 

表皮が薄くなる理由

 

赤ら顔になってしまうのは、表皮が薄く皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまうからです。なぜ表皮が薄くなるのかといえば、本来なら表皮を覆っているはずのバリア機能が低下しているため。肌がとても美しい人は紫外線をたっぷり浴びてもシミもできないように見えますが、その秘密はバリア機能がしっかりしているためなのです。

 

いわば表皮が厚いという見方もできますが、表皮が厚いというのはバリア機能が整っている証拠。バリア機能というのは、肌の潤いとなる皮脂が適度に備わって皮膚が外敵に負けない強さを持っている状態です。

 

この機能がないと肌を守ることができなくなってしまい、外敵に負けやすい肌質の表皮が薄い状態が続いてしまいます。解消するためには、表皮を厚くすること、つまり保湿力をつけてバリア機能を高めることが不可欠なのです。

 

ニキビやアルコールの影響

 

バリア機能が弱まっている状態は、皮脂のバランスが悪い状態です。皮脂は多過ぎても少な過ぎても駄目で、例えばニキビがある状態は皮脂が多過ぎて毛穴に詰まり、アクネ菌が蔓延してしまうのが原因です。ただし、乾燥している肌も体が皮脂を分泌させようとしてしまうため、危険です。常に適度な潤いを保てるようにすることが、ニキビを解消するポイントでもあります。

 

アルコールを飲んだときに肌がすぐに赤くなってしまう人も、表皮が薄く毛細血管が透けやすくなる証拠。お酒は血行を促進させる作用があり、毛細血管が拡張して赤ら顔にさせてしまうのです。

 

治らない赤ら顔は病気の可能性?

 

赤ら顔が、肌の問題だけではない可能性もときにはあります。どんな化粧品を使っても駄目という場合、一度病院で検査を受けてみたほうがいいでしょう。定期的な健康診断を受けていれば注意信号が出る病気もありますから、健康診断は一年に一度くらいは受けておくほうがいいですね。ここでは、赤ら顔になる可能性のある病気についてお話します。

 

糖尿病

 

生活習慣病の一つである糖尿病は、日本人にも非常に患者が多い病気です。一度発症すると一生つきあわなければならない病気でもあり、厄介です。糖尿病が恐ろしいのは合併症で、気を付けていないと様々な合併症に襲われる危険があります。

 

例えば、高血圧なども糖尿病の合併症の一つ。血圧が高くなってしまうのが高血圧で、血管拡張の影響でなってしまう赤ら顔とは関係が深そうです。

 

完治は難しくとも、糖尿病は生活習慣を管理することで悪化させないように保っていくことができる病気。赤ら顔の解消も、高血圧を抑えることでよくなっていくことがあります。

 

心臓病やクッシング症候群

 

高血圧にも関係していることですが、心臓病も赤ら顔と無関係ではありません。血管が拡張したときに、毛細血管が透けて見えてしまうのが赤ら顔の原因とすると、心臓に負担がかかったときに血管に影響が出て赤ら顔になることもあるでしょう。

 

もちろん、心臓発作などが起こったときには、赤ら顔を心配しているどころではありませんが、赤ら顔になりやすいことが心臓や血管に負担がかかっているサインかもしれません。

更新履歴