皮膚科の赤ら顔の治療法は?

皮膚科の赤ら顔の治療法は?

赤ら顔に悩んで、スキンケアではもうどうにもならないと思ったら、駆け込む先は皮膚科だと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

赤ら顔の治療は皮膚科で行われていますが、最近では専門に治療している医師がいるということで美容皮膚科が赤ら顔の治療をアピールしていることが増えています。

 

美容問題ではなく病気で赤ら顔になっている可能性もありますから、普通の皮膚科に行くのもよいでしょう。ここでは、皮膚科で赤ら顔の治療にどんなことが行われているのかをお話しましょう。

 

赤ら顔は毛細血管拡張症

 

赤ら顔というのは俗称で、医学的には毛細血管拡張症という名があるようです。皮膚が問題となっている場合は、表皮の薄さやニキビによる炎症、スパイスやアルコールなど刺激物の過剰摂取、乾燥、ステロイドの影響などが考えられます。

 

これらに対して、皮膚科では様々な治療法を用意しています。が、一般的な皮膚科で行われているのは、ビタミンC誘導体や炎症鎮静成分、ターンオーバー促進のためのビタミンAなどといった薬類の処方でしょう。

 

美容皮膚科ではレーザーや美容成分注入なども

 

美容皮膚科では美容のためにさらに細かな治療ができますから、治療法も広がります。例えば、レーザーを照射して皮膚の状態を改善したり、ヒアルロン酸を注入するような治療法もあります。

 

赤ら顔のために注射というのは抵抗があるかもしれませんが、最近では痛みもほとんどなく効果の高い成分注入を案内している美容皮膚科が多くなっています。