赤ら顔の治療は保険適用か?

赤ら顔の治療は保険適用か?

 

赤ら顔に悩む人がクローズアップされてきたため、美容皮膚科で赤ら顔の治療メニューを用意するところが増えてきました。

 

しかし、美容皮膚科といえば美容目的のために治療を行う医療機関ですから、基本的に健康保険の適用外です。そのため、高額な費用を払って赤ら顔の治療をすべきか、悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、赤ら顔の治療は全て保険適用外になるのかについてお話しましょう。

 

まずは皮膚科に行き相談

 

赤ら顔の治療自体には、保険適用されるケースがほとんどないといっていいようです。しかし、赤ら顔の原因には、脂漏性皮膚炎やアレルギーなどの場合もあります。それらの皮膚病が重症の場合、健康保険が適用されることもあります。

 

組み合わせれば、保険適用内での赤ら顔治療が可能と解釈できるのではないでしょうか。皮膚科では、皮膚の働きを健康に促すビタミン剤が処方されたり、漢方薬の処方、薬剤の注入が行われることもあります。治療をどうするかは説明を聞いてからにし、まずは相談してみるというのもいいでしょう。

 

重症の場合、保険適用内で治療してもらえるケースも

 

先にも紹介したように、皮膚の症状が重症の場合、保険適用内での治療が可能になることもあります。赤ら顔がひどいからということではなく、その原因となっている症状がひどいために治療で保険が適用されるという流れです。美容目的では保険適用の治療は受けられませんから、皮膚のかゆみや刺激による痛みなどを訴えるほうが、保険適用の可能性は出てくるかもしれません。