赤ら顔は遺伝する?

赤ら顔は遺伝する?

赤ら顔は努力してもなかなか良い改善方法に辿り着かない人が多く、遺伝だとあきらめてしまう人も少なくありません。しかし、実際には遺伝で赤ら顔になる人が多いというデータはなく、後天的な問題が原因していると考えたほうがよさそうです。ここでは、遺伝と赤ら顔の関係についてお話しましょう。

 

アレルギー体質による赤ら顔

 

赤ら顔が遺伝に関係するとして、最も可能性が高いのはアレルギーではないでしょうか。アレルギーにもいろいろあり、赤ら顔に悩む人で最近増えているのはアトピー性皮膚炎です。しかしアトピーも医学で解明されていない部分が多く、必ずしも遺伝と関係するとは限りません。

 

ただ、お腹の中にいるときの状態や小さいときの生活習慣などでアトピーになる可能性はあるといわれています。ご両親がアレルギー体質の場合、子供が赤ら顔になることもないとはいえないということです。簡単にとはいかないでしょうが、アレルギーを内側からも外側からも治療していくことが赤ら顔の改善につながる可能性はあります。

 

糖尿病の遺伝

 

糖尿病によって高血圧などの合併症を発症した場合、赤ら顔になる可能性が出てきます。最初から高血圧になる可能性は断言できませんが、糖尿病は遺伝のタイプもあり、この場合の影響の赤ら顔は遺伝によるものといえるでしょう。

 

病気と上手につきあいながら、赤ら顔の対策もしていくことが必要になります。血圧管理をしっかりしたり、メイクや化粧品、食べるものに気をつけることで、大分赤ら顔の解消につながるはずです。