赤ら顔に良い漢方ある?

赤ら顔に良い漢方ある?

 

病院で赤ら顔に関係する治療を受けていると、漢方薬が処方されることもあります。漢方は西洋医学の薬とは違い、体が本来持つ機能を整えることによって悪いところを改善していくのが目的です。

 

体に負担の少ない自然の成分が使われていることもあり、副作用の心配もほとんどありません。ここでは、赤ら顔にいい漢方薬があるかどうかについてお話しましょう。

 

赤ら顔の原因によって処方される漢方

 

赤ら顔に悩む人に処方される漢方やいろいろな種類がありますが、それは赤ら顔の原因が人によって違うからです。基本的に、漢方は一人一人に合わせた処方が行われる薬。同じ漢方を使っていても、中に調合されている量は微妙に違うことも珍しくありません。

 

赤ら顔に処方される漢方の種類

 

赤ら顔に処方される漢方の中には、体の興奮を鎮静させる知柏地黄丸(ちばくじおうがん)や天王補心丹(てんのうほしんたん)、滋陰降火湯(じいんこうかとう)などがあります。

 

血行をスムーズにすることによって赤ら顔を改善しようとするのは、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)など

 

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は皮脂の過剰な分泌を抑えてくれるので、赤ら顔の元となるニキビや乾燥によるトラブルを防いでくれます。

 

皮脂が過剰に分泌されている状態は脂性と思われがちですが、実はひどい乾燥のために体が皮脂を分泌させようとしていることも多いのです。皮脂は多過ぎても少な過ぎてもよくないため、適度な皮脂の量にコントロールできることが赤ら顔の解消にもつながります。