赤ら顔を隠すメイク方法は?

赤ら顔を隠すメイク方法は?

 

赤ら顔の人にとって、メイクは救世主の一種かもしれません。多少なりとも赤みを隠すことができるため、工夫次第で赤ら顔だと他人に思われずに済むためです。ここでは、赤ら顔の人が実践しているメイク方法について紹介しましょう。

 

コントロールカラーを使用

 

ファンデーションの下地として使うコントロールカラーは、赤ら顔の人にとって便利なアイテムです。グリーン系やブルー系のコントロールカラーを愛用している赤ら顔の人も、少なくありません。

 

ただ、コントロールカラーの効果があまり出ず、イエロー系のファンデーションを使って仕上げにブルー系のチークを乗せるほうが早いという意見もあります。季節によって、ファンデーションを使い分けするのも必須だといいます。

 

赤ら顔のチークにはブルー系やイエロー系

 

赤ら顔に悩む人にとって、チークで赤みを入れる必要がなくていいねなどという他人の意見は辛いもの。コントロールカラーを使っても赤みを抑えられない場合はチークにもグリーンやブルー系をほんのりつける人が多いようです。また、グリーンやブルーは上手くいかなかったので、イエロー系のチークを使って赤みを消しているという人もいます。

 

自分の肌にどのメイク方法が合うかは、実践してみて初めてわかるもの。まずは、低価格のチークでどんなカラーが合うかを試してみて、さらに品質を追求してみるという手もあります。ブルー系で落ち着くという人と、イエロー系が合っていたという人と解決策は大体二分されているので、どちらが合うかを主眼として化粧品を試してみるといいかもしれません。

 

赤ら顔を手軽に隠すコンシーラーはこれ

>詳細を見てみる
アカラカバー